関西文化学術研究都市センター

企業情報

当社について

ごあいさつ

地域と共に歩む企業

京都、大阪、奈良の3府県8市町にまたがる、「けいはんな学研都市」の開発が始まって四半世紀が経過し、この街では、大学や研究所、国立国会図書西館、先端技術産業等の施設整備が一段と進んでいます。

当社は、1974年に設立されて以来、同地域及び周辺において、商業施設の運営・管理を主軸に地域に根ざしたサービスを提供しています。
近鉄高の原駅前に位置する、「サンタウンプラザずずらん館」「サンタウンプラザひまわり館」「サンタウンプラザこすもす館」の3つの大型複合商業施設を始め、大型商業施設の「サンタウンプラザひかり館」、「サンタウンアカデミー」等を中心に、地域の皆様の暮らしをより豊かなものにしてもらえるよう、施設の運営・管理を行っております。

これからも、それらの施設が地域にとってかけがえのない利便施設であり続けるために常に改善を施し、活気ある施設づくりを日々心がけてまいりますとともに、2016年には、首都圏、中部圏、関西圏に施設展開する8社によるホールディングスグループ体制となったことにより、各社のエリアでの事業を継承しながら、より利便性の高いサービス提供をめざしてまいる所存です。

また、当社では、こうした利便施設の経営に加え、高の原駅周辺の「花いっぱい運動」を始め防犯パトロール、清掃活動、夏祭り等、ボランティアの皆さんや周辺企業の皆さんの協力をいただき、地域に密着したコミュニティ活動にも積極的に取り組んでいます。

地域の特性に合わせた利便施設を提供することで街が活き、そこで暮らす人々が快適に生活できるという「人が生きる 街が活きる」を企業スローガンとし、地域の皆様と共に歩むパートナーであり続けるために、共に地域社会の発展に努めてまいります。

代表取締役社長 稲垣満宏

事業内容

関西文化学術研究都市センター株式会社

商業デベロッパー

地域コミュニティ

関西文化学術研究都市エリアを見る

事業内容

関西文化学術研究都市とは

関西文化学術研究都市エリアを見る

関西文化学術研究都市建設促進法のもと、京都・大阪・奈良の3府県にまたがる京阪奈丘陵において、国家プロジェクトとして都市建設が始まりました。愛称「けいはんな都市」と呼ばれるこの都市には、産学官の連携により緑とふれあいや知的で文化的な交流が生まれつつあり、知の創造都市として建設が進められています。

→関西文化学術研究都市エリアを見る

商業デベロッパー

ショッピングセンター運営
当社は、地域の皆様の生活利便向上に貢献するため、「サンタウンプラザ」4施設を中心に運営しています。
店舗(テナント)運営管理
デベロッパーとテナント間において、パートナーシップのもと常に情報交換を行い、地域の皆様のニーズに合った店舗構成・品揃えを心掛けています。 また、店舗会の運営や販売促進活動を通じてテナントと共に地域に喜ばれる商業施設運営に取り組んでいます。
イベント
当社施設に楽しく足を運んでいただくため、様々なイベントを開催しています。ミニコンサートや大道芸、また、小さなお子様とご両親が一緒に参加できる催しの数々など、地域の皆様の笑顔を大切にしています。
テナントリーシング
地域の皆様のニーズに応えるため、常にテナント構成を考えリーシングを行っています。
施設メンテナンス
地域の皆様が「安全・安心・快適」に当社施設をご利用いただけるように、施設の設備等の保全に心掛けています。
施設建築プロデュース
商業環境の変遷を的確にとらえ、地域のニーズと時代にマッチした新規施設の計画を企画・立案し建設までをプロデュースします。

地域コミュニティ

まちそだて活動
地域の皆様とともに、住みよい街づくりを行うために次の活動を行っています。
カルチャー
地域の皆様が集う場所として文化教室を運営しています。